裏垢女子すずの日記 | 性と体のお悩み相談

Twitterにて裏垢女子として活動中 性と体のお悩み

マッチングアプリのカドル-SMの付き合い【体験談】

これは既婚者専用のマッチングアプリである、カドルの体験談です。

知り合いのフォロワーさんから頂きました。

 

さちえさん(40歳)

百田さん(48歳・男性・会社員・佐賀県

 

マッチングアプリのカドル-SMの付き合い【体験談】

百田さんは48歳の男性で、普段は暇さえあればカドルでおしゃべりを楽しんでいます。

百田さんはマッチングアプリのカドルで、バイクに乗る40歳の女性、さちえさんと出会う。

神社巡りが趣味の彼女は、百田氏が近くに来ると聞いてリアルに会うことにした。

LINEを交換し、デートを重ね、急速に仲を深めていく。

ある日のデートで、百田さんは「年の差なんて気にしない...」と、幸さんをホテルに誘った。

48歳の会社員、自由奔放に生きている。

暇さえあれば、カドルを楽しんでいる。

さちえと出会う

あるLINEで、バイク乗りのさちさん(40歳)と出会いました。

趣味の神社巡りの話で盛り上がりました。

その話の流れで、たまたま近くの神社に来るということを聞き、会うことになりました。

神社で待ち合わせをしていると、バイクライダーの格好をした女性がいました。

声をかけたら、サチさんだった。

しばらくいろいろな話をしながら過ごし、この気さくな年上の女性に惹かれる自分がいました。

その日は別れました。

サチさんに惹かれ、声をかけてみることに

家に帰ると電話がかかってきた。

すると、さちさんが出ました。

しばらく神社でいろいろな話をしました。

その日から、毎日連絡を取り合うようになりました。

メッセージを送ったり、家に電話できるときは電話をしたり。

電話で過ごす時間は刺激的で新鮮だった。

話が進むにつれ、休みの日にちゃんとしたデートの約束をするようになった。

サチさんとの初めてのデート

そして、食事をし、お互いに惹かれあってキスをした。

幸は私たちの年齢差を気にしていたが、私は「気にしないでください」と強く言った。

その後、彼女とホテルに行き、サチと一緒に過ごした。

もう誰にも触れられないと思っていた。

その姿を見て、また情熱的になった。

サチが素敵だと思った。

私たちは何度も甘いキスを交わし、お互いの感じる場所を探しながら愛撫した。

そして、お互いの老いた体を労わるように、優しく体を包み込みました。

私は幸のアソコを口に含みました。

彼女は年齢を感じさせない感度で応えてくれた。

幸は体勢を変え、私のペニスを咥えた。

私はすでに一度射精していたが、私のペニスはどんどん大きくなり、彼女はそれを口いっぱいに頬張った。

お互いもう我慢できなくなり、彼女の目の前で挿入した。

動いたらすぐにイッてしまいそうなので、じっとして彼女の体を愛撫していた。

幸もそれを理解しているようで、また愛撫を続けていた。

私は自分の体が溶けていくような感覚に陥った。

そして、徐々に彼女が動き出した。

目の前に座っていたサチへの深い挿入が遠ざかり、彼女の奥へと入っていく。

ゆっくりとリズミカルに動いていると、幸と一体化していくような気がした。

お互いの体が一体となったとき、私はサチの中にそれを出した。

サチはそれを受け止めるように、きつく締め付けてきた。

立っていられないのに、相手と愛し合いたいという気持ちでいっぱいになり、何度も何度もイかせてしまった。

サチは「こんなにイッたのは初めて」と言い、私たちは別れた。

テレビ電話セックスによるSMプレイで愛を確かめ合う2人

その後、なかなか会う時間が取れませんでした。

電話で、「毎晩、幸を抱きたい」とストレートに伝えた。

さちは「私も! 彼女も「私も!」と。こんな身体と心を欲したことはない」と言われました。

そこで、テレビ電話で愛し合おうということになった。

電話では、自分の欲望を簡単に伝えることができた。

私は幸に自分の性癖を含めて話したが、幸は恥ずかしがらずに自分の性癖を話してくれた。

お互いMだけどSなので、ジャンケンでSとMを出し合うこともありました。

私がMの時は、電話で幸の命令を実行する。

窓際に立ち、外でオナニーをする。

幸がMになったら、肛門を見せて排尿させる。

電話で命令を出し、実行することが楽しかった。

電話という道具は、私の気持ち以上のものを満たしてくれる。

電話のサチも、実際に会ったときとはまったく違う印象を私に与えた。

相手の前では愛情が勝り、愛し合う。

電話ではSM的な従順な関係、リアルでは普通のラブラブな関係を共通の趣味として楽しんでいます。

電話でもリアルでもHをすることで、お互いの距離を新鮮に保っています。

お互いに結婚するつもりはないが、良きパートナーである。

 

suzuo0o.com