裏垢女子すずの日記 | 性と体のお悩み相談

Twitterにて裏垢女子として活動中 性と体のお悩み

カドルで20歳の不感症の人妻にマッチング-カドルは簡単にヤレる

マッチングアプリ「Cuddle」で知り合った20歳の人妻が「不感症かな」と悩んでいたので、私に誘導してあげました。

山岡さん(48歳・男性・和歌山県・自営業)

 

マッチングアプリ「Cuddle」で、鈍感そうな20歳の女の子とつながる。

彼女は「彼氏とセックスしても気持ちよくなれない」と言い、遊びに誘ってくる。

彼女はタレントの志田未来によく似たかわいい女の子だった。

ケーキ屋さんでデートを楽しんだ後、近くのラブホテルへ。

優しいキスや舌なめずりなどで責めていくと、彼女は意外と敏感だった。

彼女のプレイはどんどんヒートアップし......

マッチングアプリ「Cuddle」で繋がった20代女性

Cuddleで知り合った女性は、「無神経な人かもしれない」と悩んでいました。

セックスもしたし、彼女も自分が不感症でないことがわかったので、Win-Winの体験でした。

私は32歳、自営業でした。

基本的に自由人を求めていたので、女性の外見や年齢によっては別れてもいいと思っていました。

そんな時、20歳の女性から電話がかかってきた。

年齢を尋ねると20歳だというが、もっと若いかもしれないと思った。もっと若いかと思いきや、軽快なアニメ声。

その舌足らずの甘い声に、私はすぐにでも彼女に会いたくなった。私は直感的に彼女にすぐにでも会ってみたいと思った。

マッチングアプリ「Cuddle」でつながった20歳の女性を誘ってみたところ

その女性の名前は、20歳の人妻、R子さん。

話をするうちに、R子さんは自分の悩みを打ち明けてくれました。

その悩みとは、彼氏とでもないのに、一人でいると感じてしまうというもの。

一人でいるときはたまにイクけど、彼氏といるときだけ痛くなるとのこと。

彼女は、"彼氏とセックスするときは、演技をしている "と言っていました。

こういうことは友達にも相談できないので、マッチングアプリのカドルに相談すればいいと思ったそうです。

相談と言いつつも、欲求不満なのかなと思い、デートに誘ってみました。

りこさんと彼氏は初対面ということで、じゃあ彼も苦手なのかもしれない。

試しに会ってみたらどうですか?

もちろん、ずっとじゃなくてもいいし、触れ合うだけでわかると思うんです。

私も女性経験があるので、うまくリードできるのではないでしょうか?

それに、それだとストレスがたまりすぎるでしょう?気晴らしにご飯でも食べに行こうよ!

もう食べたんだったら、ケーキみたいな甘いもの食べに行こうよ!". こんな風に誘って、一緒に出かけてみました。

こんな感じで誘ったら、OKしてくれました。

これがR子さんとの出会いです。

マッチングアプリ「Cuddle」でナンパに成功した不感症女子とリアルで対面

待ち合わせ場所は、R子さんの家の近くにある駐車場でした。

電話番号も交換済みだったので、スムーズに会うことができた。

これがR子さんとの出会いである。

R子は、志田未来に似た可愛い女の子だ。

身長は150cm±、体重は40kg台前半。

痩せすぎず、細すぎず、胸はCサイズくらい。

服装はチェックのシャツにジーンズ。

元々かわいい子なので、こんなシンプルな格好でもかわいく見える気がした。

挨拶を済ませると、助手席に座ってもらうことにした。

顔パスがもらえなかったので、約束通りデザートと夕食を食べに行くことになった。

向かったのは、和歌山市新通りにあるケーキ屋さん。

今は閉店してしまいましたが、当時はテレビで紹介されるほどの人気店でした。

スイーツはとても美味しく、理子は大満足だった。

不感症女子も感じる濃厚イチャラブセックス! 

食事後、車を走らせ、いよいよ本題に。

「無理に終わらせないよ、食べてみる?と聞いてみた。

理子は恥ずかしそうに首をかしげたので、近くのラブホテルに入りました。

彼氏とはしたことがあったが、ラブホテルに入るのは初めてだった。

恐る恐る部屋を見て回る彼女が可愛くて、ついつい後ろから抱きしめてしまいました。

抱きしめた後、「抱きしめるのが早かったかな?

むしろ、彼女は顔をこちらに向けて目を瞑り、私がキスするのを待っていた。まるで、これがセックス開始の合図だとでも思っているかのように。

私はそのまま躊躇なく彼女にキスをした。

彼女はあまり慣れていないようだったので、最初は軽く触れる程度にした。

慣れてきたら、舌を動かして理子の唇を舐め、少しづつ舌を入れて様子を見た。

キスをすると、ピクピクとそれなりに感じているようでした。

少しは感じてる?" と彼女に聞く。

理子は "うん...優しくキスされると気持ちいい "と答える。

私は次に、"彼氏はどんなキスをしてくれるの?と尋ねます。

彼女曰く、キスしてくれない日もあるし、してくれても乱暴で全然気持ちよくないとのこと。

それならソフトタッチ路線がいいんじゃないかと思い、彼女の耳や首筋を舌で舐め始める。

首の反応が良かったので、胸を触ってみました。

ブラジャーのホックを外し、ブラジャーを脱がし、シャツの上から胸を触ってみた。

大きさはCくらいでしたが、このくらいが好きなので問題ありません。

いきなり触ると驚かれると思ったので、シャツの上から触ったが、理子は感じている。

シャツの上から乳首をつまむと気に入ったようで、つまむたびに悲鳴をあげていました。

指で挟んで、ソフトタッチをイメージしていた。

私は彼女に「そこ、感じる?と聞くと、「シャツの上から触られると、余計にエッチで気持ちいいんだ」と。

シャツのボタンを外し、生乳を触ると、また理子は反応した。

彼女は本当に不感症なのだろうか?と思いながら、私の手は理子の下半身に向かった。

ジーンズを脱がせ、脚を軽く開き、その上からパンティーを触った。

理子は私のタッチによく反応した。

クリトリス付近を撫でるたびに「あん...ん...やん!」と悲鳴をあげた。と悲鳴をあげていた。

パンティーの中に手を入れて触ると、濡れていた。

指に唾液と愛液をたっぷりつけて、クリトリスと膣口を直接触ってみた。

すると、理子は私の腕を強く握った。

彼女はどうしようもないような顔をしている。

私は彼女に「理子、感じてる?と彼女に聞いてみた。

彼女は「うん・・・いつもと全然違うし、一人でするときより気持ちいい」と答えました。

そこで私は、「もう一回やってみる?と尋ねると、理子はうなずいた。

不感症じゃなかったんだ...。二人で快感の連続に突入

そして、二人でベッドに移動しました。

私は理子を仰向けに寝かせ、キスから胸へ、胸から秘所へと舌を移動させました。

ヘソに舌を近づけると、理子は「そこは汚いからダメ」と拒否した。

しかし、"大丈夫です!"。と優しく微笑み、クンニを開始。

舌先でクリトリスを触られただけで、理子は悲鳴を上げた。

クリトリスを転がされるのが気持ちいいらしく、声を出していた。

両手でシーツを強く握り、快感に耐えている姿が目に浮かぶ。

そんな彼女を見ているうちに、私の興奮は高まり、息苦しくなってきた。

見ているだけで興奮し、興奮は頂点に達した。私は彼女に「痛かったら言ってね」と優しく声をかけた。

と言ってくれたので、見ているうちに興奮が高まり、彼女は絶好調になりました。

しかも若いからか、締まりも抜群でした。

ゆっくり動かしているのに、あまりの気持ち良さに驚きました。びっくりしました。

R子も気持ちよさそうにしていて、私が動くと音を立てていました。

私は彼女に「痛い?と聞くと、「痛くないし、気持ちいいよ。どうして?

体の準備が整わないうちに挿入しているからじゃないですか?濡れてないのに痛いんです。

彼女は思い当たる節があったのだろう。

彼女「あぁ......。やりすぎかも。......" という感じで答えてくれた。

彼女が慣れてきた頃、私は動きを早くし、深く突き始めました。

理子は痛みを感じず、感じ続けていた。

半分くらいになると、理子は "イク... "と言った。イク...イク..." 理子は呻いた。イク...イク...」と イク...」と呻いたかと思うと、急にぐったりとした。

どうやら理子は彼氏以外の男で絶頂を迎えたようだった。

そう思うと、俺もイキそうになり、そのままイッてしまった。

イクために早く動いたので、彼女はイッたばかりでいい興奮状態だった。

もう我慢できない・・・。あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ もうダメだ・・・。あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ! もう一回! イクー! と、次々とイッてしまいました。

二人同時にイッてしまいました。

その後、彼女に聞いてみると、彼氏とは前戯はほとんどなく、ただチンコを入れて終わりなんだそうです。

それがセックスだと思っていたので、彼が私とセックスしたときは驚きました」。

セックスに目覚めたR子さんは、「もう一回やりたい」と言うので、10分ほどで2回戦に突入。

結局、R子は私の虜になり、しばらくはR子の心は彼氏、私は体という関係でセフレ関係を続けました。

 

suzuo0o.com