裏垢女子すずの日記 | 性と体のお悩み相談

Twitterにて裏垢女子として活動中 性と体のお悩み

Cuddle(カドル)で体を開発してくれる人に出会う方法

 

こんにちは、鈴です。

 

裏垢女子のブログをご覧いただきありがとうございます。

テクニックより発展性。 今回のテーマはこれです。

セックスに慣れている女性もそうでない女性も思っていることは、本当に体を開発してくれる男性に恵まれないということです。

膣にペニスを入れて摩擦をすれば、単純に気持ちいいはずです。 ただ、快感スポットは人それぞれで、男性にとってはまずそのスポットをいかに早く見つけるかが重要です。

手の指の間で感じる女性もいれば、胸や膣ではなく、耳の周りの刺激で感じる人もいます。 女性の体の開発について、一緒に考えていきましょう。

Cuddle(カドル)で体を開発してくれる人に出会う方法

私は、自分の体を開発してくれる男性に恵まれていません。 私の場合、肩のカーブのあたりを歯で軽くこすると、エクスタシーに向かうスイッチが入る。

女性から「こうしてほしい」「ああしてほしい」と口で言われると、命令されているようで難しい。 甘えた感じで言われれば、男性もスムーズにできるのですが、やはり男性としては、自分を成長させる喜びを味わってほしいのです。

女性はあなたの成長を待っているのです。 これは、ある裏垢の女友達との会話です。 女性からすると、とても魅力的で性格もかわいいので、モテるのですが、特定の相手がいないのが楽しいそうです。

以下、彼女のありがたいお言葉です。

いくらいい男性に抱かれても、なかなか自分の体を開発してくれる人に巡り会えません。 もうある程度の快感に慣れてしまったので、もう自分がわからなくなるくらい快感を味わいたいんです。

テクニックでもないし、お金を払って開発してもらうものでもないと思うんです。 お金を出して開発するつもりはない。

でも、そこは毎回鍛えてほしい。だんだん嗜虐的になってきたのだろうか。 雑談は続いたが、予想通りであった。 ほとんどの男性はこう考えています。

セックスのテクニックを向上させたい

女性を喜ばせるための前戯、本番、後戯を極めたい。 どうすれば女性にモテるか、いい男に見られるかを常に研究している。

女性からどう思われているのか知りたい。「いいセックスをしてくれるから嬉しい! いいセックスしてくれてよかった!」と言われるように努力しています。

そういう努力は無駄とは言いませんし、男性にとっては大切なことだと思います。 しかし、女性はたった一人の「自分を育ててくれる男性」を見つけることができれば、そのような努力は一切必要ないのです。

女性は男性を成長させるための努力を意識して、それを見ているのです。 その努力が自然と快感につながるのでしょう。 いろいろなことを発見していく過程さえも、お互いの快感に変わっていくようなセックスって素敵だと思うんです。

どうしたら女性を気持ちよくさせることができるのか。 そんな余計なことを考えずに、「この女性を開発したら何が喜ばれるか」ということを考えるのは、とても素晴らしいことだと思います。

自分の欲求に集中すれば、女性はあなたの積極的なアプローチに満足するはずです。 繰り返し体に触れているうちに、いつの間にか女性は快感スポットを開発され、あなたから離れられなくなるのです。

やがてあなたは、どんなに腕のいいAV男優でも真似できないセックステクニックを身につけることができるのです。

ぜひ、自信を持って女体を開発してください。

心身ともに独占したい

あなたは恋人や好きな女性を独占したいと思いますか? おそらくほとんどの男性は、自分だけを見てほしい、他の男性に体を触られたくないと思っているはずです。

しかし、男とは勝手な生き物で、多くの女性と性交しても自分の女性だけでいいという人もたくさんいます。

生理的に男は種を撒く生き物だから、セックスが好きで好きで仕方がない、と言って正当化するのである。

さて、男性のセックスと違うのは女性のセックスで、一人の女性だけで、自分さえよければいいというものです。

ほとんどの女性は、自分の身体も心も、たった一人の特別な人のものでありたいと思っています。 そのため、浮気や男遊びが許せないのです。

しかし、女性がそういう生き物であることを考えると、あなたも彼女を大切にしたいと思いませんか? 恋する女性の本音を拾ってみましょう。 

身体は彼だけのもの(独占される快感) 心はどこにもいかない(不動の愛に動かされる) 彼の言うことを何でも聞いてあげたい(従順が好き) セックスレスでも彼のそばにいたい(心が満たされる喜び) 頻繁に連絡を取りたい(離れていても私のことを思っていてほしい)

最後の「離れていても想っていてほしい」は、女性ならでは。 実は、男性は「いつもあなたのことを考えているわけにいかない」と言います。

彼らも仕事をしなければならない。 ふとした瞬間に「あの人どうしてるかな」と思い、その時に連絡が取れるのであれば連絡する。

しかし、仕事をしているときや歩いているとき、ぼんやりと彼のことを考えている女性は少なくありません。

そもそも、その時間が好きなのです。 男性を想うときの女性の心理状態 ある時、電車で景色を見ながら、前夜の激しいセックスを思い返して幸せに浸り、一人で歩いていても、隣に彼氏がいると想定して歩いたり、車の中で、それを吐き出して演技をしたりと楽しんでいるのです。

こうして女性は、好きな人のことを好きなだけ想うことができるのです。 しかし、女性も内心では男性に「いつも私のことを考えていてほしい」と思っているのです。 その証拠に...。

トイレに行く暇があったら、電話してください。 "私の動きにスタンプを押してほしい" と男性に強要する女性が多いのは事実です。

これは男性からすると "重い女 "と映るのでしょう。 印象に残っているのは、男性に「連絡しないだけで、愛していないわけじゃない」と言われたことです。

まあ、確かにその通りなんですけどね。 連絡=愛」と思っているのは女性脳で、男性はそうばかりは言いません。 言わなくてもわかってくれる」と思いたいのが男性脳なのです。

ですから、女性との距離をさらに縮めるためには、ちょっとした工夫をするとよいでしょう。 まだお付き合いしていないけれど、好きな女性がいる場合は、自分だけを見ていることをアピールしてみてください。

あなたの髪、すごく似合ってる。好きだよ" これは褒め言葉と意思表示を短くまとめたものです。 あまりしつこく言うと、軽い女だと思われるかもしれないので注意しましょう。

他にも、「あなたは明るい性格ですね。あなたは人を幸せにしますよね」と笑顔で言う。

これがうまくいくと、女性は「外見ではなく内面を褒めてくれている」と思い、親近感を持つようになります。

外見を褒めすぎると女たらしと思われかねませんが、内面を褒めすぎて悪い印象を持つ女性は少ないので、積極的に褒めて落としましょう。

suzuo0o.com