裏垢女子すずの日記 | 性と体のお悩み相談

Twitterにて裏垢女子として活動中 性と体のお悩み

既婚者マッチングカドル「独占と束縛の違い」お互いが安心して自由に恋愛出来る

こんにちは、すずと申します。

私の体験談ブログをご覧いただき、ありがとうございます。 既婚者専用マッチングアプリをこれらを利用する人は、どんな目的で利用していると思いますか?

一般的な答えは、お金だったり、普段会えない人とデートするためだったりしますが、本質は違うと思うんです。

独占欲、束縛、自由。

私の考えはこうです。 さて、もっと掘り下げてみましょう。

既婚者マッチングカドル「独占と束縛の違い」お互いが安心して自由に恋愛出来る

自由で安心なお付き合いができる。 独占はしても束縛はしない。 この言葉のように恋愛ができれば、お互いに安心感があり、自由に恋愛ができ、時間を上手に使うことができるのではないでしょうか。

独占は排他的、束縛は不自由。

似ているようで全く違う表現、動きです。 私の中では、束縛は呪いのようなものです。 また、ある意味、独占欲は嫉妬のようなものだとも感じています。

恋愛には、自分の気持ちを押し殺してしまうものと、相手にぶつかっていかないと進展しないものがあります。

適度に自制心を向ければ、抑えきれない気持ちをうまくコントロールできると思います。

パートナーに束縛しすぎて喧嘩になり、後悔したことはありませんか?

カドルで知り合った35歳の経営者との体験談。

相手を束縛しすぎて振られました。 私も経験があるのでよくわかりますが、「浮気は仕方ない」と覚悟を決めてしまえば、パートナーが何をしても気にならなくなるのではないでしょうか?

きっと、すずさんは異常に惚れすぎているのでしょうね。 男性諸君、今頃どうしてるんでしょうね。

「今、彼女はどうしているんだろう」と思うくらいが刺激になるんです。会いたくなるような女性が好きなんです。

私の心に響きました。 基本的に連絡は自分から。 カドルで出会った経営者からは、「それはやめたほうがいい」とアドバイスされた。 カドルを通じてお付き合いしているのに、なぜ私が人生相談をしているのでしょうか?

連絡が来ないと不安なのは私の方です。

それは自分に自信がないからだと経営者はアドバイスしてくれます。 経営者の言葉を要約すると...。

自分に自信を持つことで、自然と束縛や独占欲を避けることができる。 気楽に構えていたほうが、素敵な人間関係を築きやすい 束縛や問いかけはストレスにしかならない。 男性に自由を与えることはむしろ愛情 自分に自信を持つこと、いつものパターンを崩すことは、恋愛において必要なことだ。

と教えてくれました。

同世代の男性からは得られないアドバイス。 カドルには、このレベルの男性が多いのでしょうか?

元カレの話をしていても、大きな口を開けて笑顔で応えてくれる。 むしろ好感が持てる。

これが経営者の余裕なんでしょうか。 男はみんな同じと思うなということでしょうか。 見えないところで何をしているのか聞いてみるとどうなるのでしょうか。

依存し合うのと、愛し合うのは別物でしょう? ドライな考え方の男性なのか、経営者ならではのサディスティックな考え方の男性なのか。

しかし、彼が人生の成功者であるならば、物事の本質を正しく理解しているに違いない。

なんだか、子供みたいになってきた。 それぞれが相手に何を求めているかという点で、お互いに話し合うことはとても大切なことです。

人間関係を円満にするためには、何よりも相手を理解することが必要なのですね。 理解はできても納得がいかないと思うのであれば、それは本当に相手を愛していないということなのでしょう。

お互いに譲り合うことができる。 理解し合う分かり合える。

カドルもそうですが、マッチングアプリで出会う年上の男性たちは、こういうことを教えてくれます。

特に禁句なのは、不安を攻撃性に転化すること。 そうすると、束縛が呪いになってしまう。 愛すること、愛されることの呪縛に気をつけなければならない。

私は父の人生から多くのことを学びましたし、それはお金を稼ぐことだけではありませんでした。 たくさんあった。 

自分では見えない相手の時間を少しでも自分の時間に置き換えたいという気持ちからきていたのだと思います。 しかし、自分では気づかないうちに、相手に全力を注いでしまっていて、その先、止まらなくなり、攻撃になってしまうことがありました。

どうして昨日は連絡くれなかったの? 誰とどこに行ったの? もう、質問攻めでした。 思い込みや感情から被害妄想が生まれてしまうと、もう自分の感情をコントロールすることはできません。

こんな時、客観的に自分を見ると、私はとても嫌な女です。 相手のことは信じているけれど、どこか信用できない。

相手は何も悪くないのに、なぜか疑ってしまう。 私の場合、この時の深層心理はこんな感じです。

彼の愛を独り占めする自信がないのでしょう。 自分の時間を有意義に使えていない。 彼に依存してしまっている。 愛より大切なものを見つけられていない。

あなたは、24時間365日、彼のそばにいてほしいと思っている。 恋愛に協力的でない。 当時の私は、これら全てに当てはまっていたと思います。

そんな関係は絶対に長続きしないし、自分を変えなければ自滅に陥ることは間違いないようです。 離れている時間は、相手も自分も成長できる時間だと気づくまで、長い時間がかかりました。

相手の独占欲に支配されていると、自分が愛されていると思いがちです。 独占欲というのは、単に自分のエゴです。

束縛とは意味合いが違いますが、拘束されることと似ています。 この束縛欲や独占欲から生じる葛藤を克服するためには、自分なりのルールを作る努力から逃げてはいけないのです。

それをクリアしなければ、その都度苦しむことになるからです。

私自身の掟は 独占するよりも、独占される方が楽である 独占されるより、独占する方が楽である という結論に至ったのです。

呪いとも言える束縛を取り払うことで、どれだけ恋愛がスムーズに進むか。 カドルで知り合った経営者の男性と何度かデートをしました。

そのたびに人生について語り合った。 別れ際にはお小遣いまでくれた。 これってパパ活なんでしょうか?お金を渡したほうがいいのでは? 彼からもらえるものはないのだろうか? こんなことを言うと嫌われるかもしれませんが、カドルって気軽にバイト代が稼げると思っていたんです。 でも、実際にやってみると...。 

suzuo0o.com