裏垢女子すずの日記 | 性と体のお悩み相談

Twitterにて裏垢女子として活動中 性と体のお悩み

灰になるまで女でいたい【既婚者マッチングのやり方】75%の男性が女子を求めている

こんにちは、鈴です。

先日、こんなことをつぶやきました。スティーブ・ジョブズが生前に言っていた言葉です。

誰かと一緒にいたい。 つながっていたい。 誰かと関わりたい。 誰かと一緒にいたい、誰かと繋がりたい、誰かと関わりたい。

他者と関わりたい、という欲求。

アップル社の創業者であるスティーブ・ジョブズでさえ、人間関係や承認欲求を持っていたのです。 世界的な成功者でも、他人の肌感覚を感じる機会は少なかったのでしょうか。

今回は、既婚者のマッチングアプリについて深堀りしていきます。既婚者が求める出会いは、軽い愛人関係のこと。

食事やちょっとしたデートをすることで、お互いに癒やしをもらうことができます。 男性は気軽に安心して素敵な女性とお付き合いすることができます。

主にお金に余裕のある男性が、ローリスクで女性と遊ぶためのものです。 お金が欲しい女性と、人と繋がりたい男性の話です。

灰になるまで女でいたい【既婚者マッチングのやり方】75%の男性が女子を求めている

大手コンドームメーカーの調査によると、既婚者の約半数が「セックスレス」であると公表しています。

全国の男女にセックスの頻度や意識を聞いて統計を取り、年代別にまとめたものだ。

パートナーがいる未婚男性でセックスレスを感じている人は29.0%、既婚男性では55.2%が同じように感じていることがわかった。

40代、50代の男性では、その割合は6割を超えました。 そもそも性欲がないのだろうか。それとも別の要因があるのだろうか...?

1ヶ月の平均回数は、未婚男性が4.1回なのに対し、既婚男性は1.7回と、ほぼ半減しています。

また、セックスの頻度が少ないと感じている人のうち、男性の75.2%、女性の35.8%が「もっと頻繁にセックスしたい」と回答しています。

頻度が少ない理由としては パートナーがセックスに興味がない モチベーションが上がらない など つまり、男性は年齢とともに性欲が減退することは容易に想像できますが、実際には7割以上の人がセックスの回数に不満を持っているのです。

しかし、これはずっと一緒にいる妻に興奮させられていないことが原因です。 妻EDという言葉もあるくらいです。 既婚男性の方がセックスに不満があるという結果ですが、この統計は少し古いので、近年はSNSマッチングアプリの普及で男女ともにかなり割合が上がっていると推測されます。

子供が手を離れ、恋愛に時間を費やす。 家庭に不満はないが刺激を求める:冒険家タイプ

みんながいるところが好きで、生活の流れに流されやすい:「漂流者」タイプ

セックスが好きで欲求不満:セックス依存症

既婚者の出会いというと、野島伸司原作、渡部篤郎・飯豊まりえ主演のドラマの影響もあり、学生や若い女性と50代の男性という組み合わせがイメージされる。

この組み合わせはよくあることですが、実は40代女性と60代・70代男性のペアも一定数存在するのです。 既婚を特定するのは難しいかもしれませんが、基本は「男性と一緒に楽しみたい」ということです。

女性は何歳になっても女性です。 また、容姿がどうであれ、女性として見られたいという願望が強いのです。

女性は子供を産もうが、年を取ろうが、灰になるまで女性だと言われる。 まさにその通りである。 しかし、途中で女を捨ててしまう人がいる。

そういう人は、まずあきらめるようです。 私はいったい何なんだろう。 こんなに太ってしまって、恋愛もできない。 他にかわいい子がいっぱいいるのに。

とネガティブに考えがちです。 更年期と同時に性欲がなくなる人もいるので、閉経後に恋愛やセックスから縁遠くなり、趣味やグルメに走る女性も少なくないそうです。

また、更年期が辛くて、自分の体をコントロールできなくなる女性が多いのも事実です。 しかし、わざわざ女性として生まれてきた女性にとっては、とても不幸なことです。

更年期がつらいのは、恋愛ができないからという心理的な要因も否定できません。 全く逆で、更年期を迎えて妊娠の心配がなくなると、積極的になる女性が多いという統計もあります。

彼女たちの特徴は、断続的ではあるが、ずっと恋をしていることである。彼女たちは言う。 人を愛するために必要なエネルギーは、自分にとってプラスになる。

愛される喜びは、女性として最も幸せな時間だ。 一生、恋愛をしていたい」と答える女性が圧倒的に多い。

30代~50代の愛人マッチング

若い女性は既婚者のマッチングアプリについてどのように考えているのでしょうか。 若い女性は意外と巧みなのかもしれません。

ただ遊ぶ相手を探すだけなら、TwitterInstagramマッチングアプリなどで探すことができます。 遊ぶには、お金が必要です。

今の時代、若い男性が食事やホテル代をおごってくれるとは限りませんし、割り勘の文化も若い人の方が浸透しています。

女性も美容や遊びのためにお金を稼ぐ必要があります。

男性目線で考えてみよう。  需要があるから供給がある。 では、なぜ男性は高い時給を払ってまで既婚者のマッチングをするのでしょうか?

先ほども書きましたが、男性の約8割は「もっとセックスしたい」と思っています。 いろいろなケースを考えてみましょう。

ケース1:遊ぶ場所がシフトしている

娯楽は時代とともに変化します。 若い素人女性との交流の場は......。 出会い系サイト メイド喫茶 これらの場所からパパ活にシフトした人もいるようです。

パパ活は、仕事や接客ではなく、純粋に「素人女性」と出会いたい男性が利用する場所だったのです。 彼らが利用するサイトも、出会い系サイト→パパ活サイトや交際クラブにあります。

交際クラブによっては、自撮り写真をたくさんアップしているところもあるので、自分好みの素人女性を選ぶ楽しさから、交際クラブにハマる男性も増えているようです。

ケース2:キャバクラは敷居が高い

銀座や六本木のいわゆるキャバクラやクラブに通っていた男性が、既婚者マッチングにシフトしているケースです。

接待や人脈作りのために通っていたのに、計算高いホステスに嫌気がさしたという男性も少なくないようです。

百戦錬磨のホステスよりも、若くて誠実な女性とお付き合いしたい。 趣味が合えばゴルフなどでもいいし、なによりクラブでお金を使うより安上がりだ。

男性に付き合うより、半日ゴルフに行く方が有意義です。

ケース3:出張が多い仕事

出張が多い業種の方にとって、家を空ける夜は自由な時間。 家族や同僚にバレる心配もなく、思いっきり遊べます。

SNSでその日遊べる相手を見つけるのは運任せで、かなりの努力が必要です。 そのため、パパ活サイトや交際クラブを利用して、地方だけで遊ぶ男性が増えています。 このケースは、お医者さんにも当てはまります。

医師は定期的に地方で開催される学会に参加します。 学会が終わった夜に遊ぶ医療関係者は非常に多いのです。

suzuo0o.com