裏垢女子すずの日記 | 性と体のお悩み相談

Twitterにて裏垢女子として活動中 性と体のお悩み

交際クラブにおける理想的な男女の関係は高校生や大学生の恋人同士の関係

こんにちは、すずです。
いつも裏垢女子の体験談ブログを読んでいただきありがとうございます。

 

今回の記事は、パパ活をする男性の心理について深掘りしています。

 

しばしお付き合いください。

 

交際クラブにおける理想的な男女の関係は高校生や大学生の恋人同士の関係

f:id:suzukoo0o:20200521143753j:plain

 交際クラブの魅力とは。

 

交際クラブにおける理想的な男女の関係は、高校生や大学生の恋人同士の関係だと考えている。

 

  • 学生時代の恋愛であれば、結婚などお互いの将来を意識することはあまりない
  • ただ純粋にお互いに楽しいから一緒にいるだけ
  • そこにお金の関係があるかないかの違いであると私は考える

 

相手のことを考えてモヤモヤしたり、振り回されたりすることも、それ自体が新鮮で楽しい。

 

たとえそれが苦い思い出であったとしても、若い頃の感覚が再び味わえる。

 

予め決められた時間やルールの中で、一緒に楽しい時間を過ごすこと。

 

そしてそれ以上を求めないことを、お互いの過去や未来を詮索しないこと、そうした大人の付き合いができる人は交際クラブ利用者のうちどのくらいいるのだろうか。

 

実際は少ないと思う。

 

大部分の男性会員は、交際クラブを高めのデリヘルくらいにしか思っていないのではないでしょうか。

 

ただ高級デリヘルみたいに使う人は、交際クラブに落ち着けることはできません。

 

あるパパの場合、1回のデートで20万円払っていた子がいた。

 

はたからみればよっぽどおかしいと思う。

 

その子とは本気になるのが怖くて自分から別れたそうだ。

 

会うことを考えるだけで仕事のモチベーションが上がる、これは自分のキャパシティを超えるレベルの幸せだと思って逆に怖くなったそうだ。

 

抑えがきかなくなりそうだったので、最終的に海外に転勤すると言って別れたそうです。

 

幸せすぎて別れることが本当にあるんだなというのも、交際クラブに入らなければわからなかった。

 

知られざる世界に出会える可能性があるというのも交際クラブの魅力です。

 

交際クラブで失敗した場合のリカバリープラン

パパたちは、新規の女性と会う時は高級ホテルのスイートを予約しており、何らかの理由で女性が部屋に来なかった場合、代わりに高級デリヘルを呼ぶというリカバリープランを用意しているそうです。

 

常に失敗することを前提に行動している。

 

それもプロジェクトマネジメントの一種です。

 

高級デリヘルで出会って、それから個人的な関係になった子もいるそうです。

 

こんなことばかり言ってると後ろから刺されそうですね。

 

高級デリヘルは普通に芸能人の女性が出てくる世界です。

 

そこで働く女性も、店に中抜きされているのがわかってるので、2回目からは直接お会いしませんかと提案してくることもあります。

 

言い換えれば、逆に向こうにこの人は値引きでお金が取れそうだなと思わせないとダメ。

 

見栄のはり方次第です。

 

高級ホテルのスイートに高級デリヘル、湯水のようにお金が消えていく世界です。

 

行為あるいはサービスを終えて女性がドアの向こうに消えたとき、広々としたスイートルームの中で一人になった瞬間ふと我に返ることはないのだろうか。

 

もちろんそういう時はあると思うけどでも、人生楽しいし、それでいいのかなと。

 

それまで知らなかった世界を見られて、芸能界の闇の深いところを知って、世の中には手配師という人がいるんだということも知って、こうやって話しのネタにするだけで満足できるそうです。

 

我に返って落ち込んでしまうのであれば一度この世界から離れてみることも必要かもしれませんね。

 

 

手取り20万円の私が、いかにして月に70万円のお小遣いをもらったか

 「女性は無料」コンシェルジュのいる安心のパパ活【ユニバース倶楽部】※女性入会

会員数1000万人、定番のマッチングアプリPCMAX

サクラがいない事で有名になったハッピーメール

 

パパ活をしてみたいという願望は男性も女性もあります。
ツイッターマッチングアプリで探すのが定番です。
しかしツイッターは人間関係の構築やハイクラスな方を見つけるのは困難です。パパ活アプリだと目的がはっきりしているのでお相手は探しやすいですね。

 

昔から人気のあるPCMAXやハッピーメールは気軽さが人気です。
私はどちらでもいいのですが、好きな方を選んでみましょうね!