裏垢女子すずの日記 | 性と体のお悩み相談

Twitterにて裏垢女子として活動中 性と体のお悩み

変態とオタクの将来は明るい。【オタクがモテる方法あり】

こんにちは。
裏垢女子のすずです。

自分ではまったくそうは思ってませんが、私は時々「頭がいい」と呼ばれます。
おそらく、私に対してこの言葉を使う人たちは、いわゆる「秀才」とは違う意味を持たせているのでしょう。

変態とオタクの将来は明るい。

f:id:suzukoo0o:20190715072942j:plain

一般的に「秀才」という言葉には、まんべんなく勉強のできる優等生というイメージがあります。

そこには専門性のない、学んだことを利用してなんでもこなせるジェネラリストが「秀才」だと思います。

それに対して「天才」は何か一つの事に対してスペシャルな才能を持っています。

 

なんでもこなせる天才はいないよね

また、天才という事によって説明を省略する癖がSNSにはあるように思います。

私は天才でも秀才でもないです。
その言葉に違和感があり、私の中では「変態」と言われることが一番しっくりきます。

秀才はどんな能力を発揮するのか?

f:id:suzukoo0o:20190715072929j:plain

処理能力の高いホワイトカラーが秀才です。
なんでもそこそこ仕事をこなす秀才タイプは企業にとって欲しい人材です。

しかし現在ではその存在はAIによってとってかわられようとしています。

これは私個人の印象ですが、いままで世の中で会ってきた天才肌の人たちは何となくあっさりしたところがあります。

あえて言うなら、人間臭さが無い。

天才ゆえに、コツコツ泥臭い印象が無いのかもしれません。

天才は確かにスペシャリストですが、出来ることの範囲が狭いです。
枠組みが特化されているイメージがあります。

人間臭さが無くて、枠組みがしっかりしているならそれはパソコンと一緒ですね。
それに今よりももっと高性能なPCが開発されたら、天才はいらなくなってしまうかもしれません。

クリエイティブな変態が必要とされる時代が来る

f:id:suzukoo0o:20190715072938j:plain

クリエイティブな現場には専門性が必要ですが、レンジをある程度広くするためには「変態」が必要です。

変態は比較的レンジの広い専門性をもっています。
職種も様々です。

例えば、電車好きの変態がいたとします。
この場合、電車の運転手にもなれますし、カメラマンにもなれます。
開発に携わる技術者にもなれます。

将来性を考えてみても、変態やオタクの専門性は今後さらにニーズが出てくるでしょう。

才能という言葉だけでは表しきれない執念が変態やオタクからは漂ってきます。

余談ですが、変態やオタクに恋愛は難しいと言われていますが、今後はイージーになってくるでしょう。