裏垢女子すずの日記 | 性と体のお悩み相談

Twitterにて裏垢女子として活動中 性と体のお悩み

ヒアルロン酸のサプリメントの効果と医薬品の副作用、相互作用について

【和名】ヒアルロン酸
【英名】hyaluronic acid

ヒアルロン酸は、皮膚(表皮と真皮)や軟骨、間接液といった体組織に存在するムコ多糖類の一種です。

優れた保水機能があり、皮膚の弾力性や粘弾性、保湿性を保つために重要とされています。

 

 

 

ヒアルロン酸サプリメントの効果と医薬品の副作用、相互作用について

f:id:suzukoo0o:20190619070104j:plain

ヒアルロン酸は、関節軟膏や間接液ではクッションとして働き緩衝作用を示します。
また、目の硝子体にも含まれます。

皮膚のヒアルロン酸は、加齢とともに減少する為、美容目的に利用されるアンチエイジング(抗加齢)用サプリメントとして注目されています。

皮膚(真皮)は膠原繊維のコラーゲン、弾力繊維のエラスチン及びムコ多糖類で構成されています。

皮膚は、繊維組織の間をムコ多糖類が満たしている構造を持ちます。

ヒアルロン酸はムコ多糖類の1種であり、保水機能を持つことから、皮膚の弾力性を保つ働きがあります。

加齢に伴い皮膚のヒアルロン酸が減少すると、皮膚の弾力性が減少し、保水量も減少します。

表皮内のヒアルロン酸

f:id:suzukoo0o:20190619070059j:plain

表皮内のヒアルロン酸は、多くが角質に存在します。

ヒアルロン酸は、親水性と疎水性の両方の素質を持つことから、天然の保湿成分としての働き以外に、セラミドなど細胞間脂質と共同で皮膚の機能を維持することも考えられます。

なお、ヒアルロン酸は、コラーゲンよりも代謝回転が速いと言われています。

ヒアルロン酸の機能として、抗酸化物質として働いたり、免疫系に影響を及ぼしたりという事も示唆されています。

さまざまな細胞において、ヒアルロン酸に結合する受容体が見出されており、細胞内情報伝達機構の解析が進められています。

人の皮膚におけるヒアルロン酸量は、30代以降から少なくなり、40代以降では急速に減少する。

それに伴い、皮膚の粘弾性も低下することかが示されています。

ヒアルロン酸の副作用について

f:id:suzukoo0o:20190619070116j:plain

体組織の構成成分であり、経口摂取および外用での許容性は高いと考えられています。

適応となる病態に対して適切な品質の製品を、用法・用量を守って使用する場合は、現時点では特に問題は報告されていません。

用途・適応

  • 皮膚の保湿性の維持
  • 皮膚の粘弾性の維持
  • 皮膚や関節軟骨の機能の維持
  • 皮膚のアンチエイジング作用

ヒアルロン酸サプリメントについて