裏垢女子すずの日記 | 性と体のお悩み相談

Twitterにて裏垢女子として活動中 性と体のお悩み

大きく3つに分類される真菌感染症

真菌感染症は、病巣の部位によって次の3つに分類されます。
潜在性真菌症は免疫不全状態の方に日和見感染症として発症することが多く、一般的に重篤で予後が不良なことが多いです。
ただし、輸入真菌症は感染力が強く、健常者でも発症の可能性があります。

真菌感染症とは?

f:id:suzukoo0o:20190401074831j:plain

表在性真菌症

皮膚及び粘膜の表皮、爪、毛髪に生じる真菌症。
白癬・癜風・表在性カンジタなど

深部皮膚真菌症

穿刺や傷を介して真皮及び皮下組織に生じる真菌感染症
スポロトリコーシス症・黒色真菌感染症など

深在性真菌症

主に日和見感染として、肺や腸管など全身の臓器に生じる真菌感染症

  • 深在性カンジタ症
  • 肺アスペルギス症
  • 肺クリプトコック症
  • ニューモシスチス症
  • 接合真菌
  • トリコスポロン症
  • ヒトプラズマ症

真菌感染症では、確定診断の為培養検査を行います。
しかし深在性真菌症では検体の採取が難しい。
それに時間もかかります。

このような分類の他、特定の感染による分類で呼ばれることもあります。

 

あわせて読みたい

suzuo0o.com