裏垢女子すずの日記 | 性と体のお悩み相談

Twitterにて裏垢女子として活動中 性と体のお悩み

陣痛の誘発と陣痛抑制の事

こんにちは、すずです。

今回のブログでは分娩や介助の際の陣痛誘発と抑制について書いていきます。

陣痛誘発

陣痛 誘発

人為的な陣痛操作についてです。

妊娠・分娩の際には、陣痛が無い、あるいは弱い場合に人工的に陣痛を誘発したり(分娩誘発・陣痛促進)、反対に陣痛が起きている場合に陣痛を抑制したりします。

陣痛の誘発には分娩誘発と陣痛促進があります。

陣痛を開始したり強化することが目的です。
誘発剤としてプロスタグランジンやオキシトシンを使用します。

陣痛の抑制は妊娠を継続した方が好ましい場合に使用します。
お薬は子宮収縮抑制薬の塩酸リトドリンや硝酸マグネシウムを使用します。

分娩誘発の流れ

分娩誘発とは、経膣分娩が可能で陣痛が無い場合に、人工的に陣痛を起こして分娩を促すことであり、子宮収縮薬投与と頸管熟化処置の事を指します。

分娩の誘発は頸管熟化が不良な場合には失敗しやすい為、頸管熟化不良と判断される場合には処置を先に行ってから子宮収縮薬の投与を行います。

頸管熟化とは?

産道が赤ちゃんと通す準備が出来ているかどうかです。

止むに止まれぬ事情のとき

 

分娩誘発を行うためには適応と条件に必ず従います。
母児の安全を確保することが最優先で、厳重な母児管理が必要となります。

分娩誘発の適応には医学的な適応と社会的な適応があります。
原則として医学的適応において行いますが、ときに社会的適応において行う事もあります。

医学的適応とは?

産科治療・管理の多くは妊娠の継続による胎児の成長促進であるが、下記の様な疾患の場合は妊娠の継続が母胎にとってリスクになることがある。
この場合、分娩誘発・陣痛促進を行い早期に妊娠を終了することが求められます。
頻度としては、過期妊娠、前期破水(PROM)、胎児発育不全(FGR)が多いです。

社会的適応とは?

主な母体側の原因
主な胎児側の原因
  • 児救命の為
  • 過期妊娠の予防
  • 糖尿病合併妊娠
  • 巨大児が予想される場合
  • 子宮内胎児死亡

分娩予定日超過などによって生じる妊婦・家族の精神的な焦りや不安が強い場合。
不便な交通事情の場合も考えないといけませんね。

安全な分娩誘発の為に必要な事

  1. 子宮収縮薬使用の為にインフォームドコンセントが得られている事。
  2. 子宮収縮薬投与開始前から分娩監視装置が装着されている事。PEG2経口錠も同様
  3. 子宮収縮薬静脈内投与時、輸液ポンプが利用できること。
  4. 事前に頸管熟化について評価する事。
  5. 母児の状態が比較的良好であり適切なモニター評価が可能であること。
  6. オキシトシン利用時は最終投与から1時間以上経過している事。
  7. メトロイリンテル挿入時点から1時間以上経過している事。

禁忌

分娩誘発・陣痛促進のいずれにおいても、子宮収縮薬としてオキシトシン・プロスタグランジン・プロスタグランジンE2の3剤が使用される。

禁忌の場合は子宮収縮薬が使用できないので必ず確認しましょう!

帝王切開を2回以上やっている方は禁忌です。 

子宮収縮薬の副作用 

代表的な副作用は、子宮収縮薬による強い陣痛です。
その結果子宮破裂や胎児機能不全などが引き起こされます。
そのため分娩監視装置を使用し、陣痛や胎児心拍の変化に注意する必要があります。 

 

あわせて読みたい

suzuo0o.com